金塊の雨

金塊の雨






金塊が雨に


しっとりと濡れる


夏に向かって


青草がのびる


やがて黄金は


埋(うず)もれるだろう


青草はなおも


生い繁るだろう


姿がなければ


みなみな忘れる


うす暗い青の


地の上は孤独


雨のしずくが


金塊を一筋伝う








2014.5.10

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入