信心

信心






世知辛い世の中さ


あんたもう要らないってさ


お賽銭にいくら投げたの


鳥居の上で鳩が啼くの


人を信じられなくなったら


走る列車も止めてしまうよ


底抜けに笑うあの娘を見て


気持ち上がらなきゃ悲しいよ


追いかけてきてくれたのは


忘れ傘を教えてくれたひと


世の中捨てたもんじゃない


神社の鈴に鳩が飛び立つ


虹の向こうに消え去れば


光の束がぽっぽっぽ








2014.4.4

詩集『ふじちょう』をamazonで購入