循環の糸

循環の糸





長い長い糸が


足元からずっと


細いヘビのように


向こうへ這っている


どこから出ているか


探り当てるため


その糸を辿って


迷路へと入った


辿っても辿っても


手繰っても手繰っても


迷路は続くだけ


そして元へ戻った







2014.3.12

詩集『ふじちょう』をamazonで購入