米櫃(こめびつ)

米櫃(こめびつ)






米つぶの中にいると


どれが自分かわからない


だからある者は白くなり


あるいは黒くなることで


どうにかして自分のことを


存在を確かめようとする


ぼくは白にも黒にも


染まることができなくって


ひとつぶ離れることにより


自分の存在を確かめてきた


そうしてわかったことといえば


ぼくはやっぱり米つぶなんだ


米つぶは米つぶの中へ


戻らなければならないんだ








2014.2.15

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入