ジェットコースター

ジェットコースター






目はあけられているかい


周りは見れているかい


下にいる人たちが


こっちを見て笑ってる


一羽の黒いハトが


驚いてバタバタと飛ぶ


転んだ子の手から


風船が離れていく


すぼんだ落下傘が


空へと登っていく


そんなものを見たって


どうなるわけじゃないけど


このまま風を受けるだけで


終わってしまうのが怖くて


そしてもう一度いまの


きみの横顔を見るんだ







22014.2.2

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入