スニーカーと空

スニーカーと空






スニーカーの底に


ガムがくっついた


ベンチに腰をかけ


乾いた空を見た


どうしてぼくはここへ


やって来たのだろう


思い出そうとすれば


思い出せるけれど


本当の答えなんか


あるわけはないから


ぼくはまた空の下で


歩いていくしかなかった


スニーカーの底の



潰れたガムのように








2014.1.31

詩集『ふじちょう』をamazonで購入