浅き夢

浅き夢






心臓をとめた


呼吸をとめた


舞い上がる


舞い上がる


涙はふたつ


ふたつでいいのさ


冬の雨なんて


戸惑うばかり


そんなこと言って


閑古鳥も淋しい


背筋にひゅうと


風がぶつかる


舞い降ちる


舞い降ちる


心臓がもどる


呼吸がもどる








2014.1.15

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入