冬の冷気

冬の冷気






胸をおさえて


うずくまる男が


ちらりとぼくを


上目に見上げた




空はどこまでも


青を吸い込んで


渡り鳥がぐいと


その形を変えた




おそらくぼくを


見たのではなかった


けれどもずっと


ぼくを刺してる








2013.12.9

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入