ぐい呑み

ぐい呑み





決して大きからず



ちくりちくりとして



喉を潤す器



姿は大きからず



されど並々として



広さは大海の如し



小さきものの中に



大海を見るは



心の持ちようなり



友と交わす大海



独り案に干す大海



ちくりちくりとして



これほど大なるは



ぐい呑みの他なし






0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入