鍵っ子

鍵っ子





塀の上にいる猫に



誇らし気に語っている




ぼくはおとなのいちいん



ぼくはひとりでできるのさ



ぼくがいえをまもっている



ぼくはしっかりしなければ



だけどなんだかさびしいんだ



おとなってさびしいものなのかい



まもるってさびしいものなのかい



ぼくはしっかりしなければ



さびしくてもしっかりしなければ




首から下がった塊が



ぶらんぶらんと揺れている






0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入