牛供養

牛供養






あのこたちは



なにも言わず



土に眠った



涙雨は幾度



土を濡らしたか



あのこたちは



それでもきっと



なにも言わず



芽吹くことだろう



名も知らぬ草になり



駆け回ることだろう



だからわたしたちも



負けてはならない



侵された臓腑なぞに



負けてはならない



土のぬくみを



その手に握りしめて






0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入