証明の帆

証明の帆







大きな船に繋がれて



この小さな舟は進む



時に大波がぶつかり



ぐらんぐらんと翻弄される



いつか転覆するかもと



汗と飛沫(しぶき)にまみれている



足元には鉈(なた)



その時が来たら



繋がれた綱を



ぶった切るのだ



大きな船は素知らず



行ってしまうだろう



この小さな舟は残され



波間を漂うだろう



帆を張れ



そして証明せよ



たとえ引き手がなくとも



進んでゆけることを







0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入