星の彼方に

星の彼方に







雲の上にゆけば



星が見えるのにと



雨が伝う窓を



あなたは彷徨う



いつか本で見た



アンドロメダやベガは



変わらずどこかで



輝いているはず



明日が晴れなら



あなたはあなたを



取り戻してしまって



星の彼方にゆくのか



鳴り響く雨音は



いつまでも続かない



街灯の影が



月の光に見えた







0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入