心の川

心の川







受け入れるのは難しい



それはきっと恐いからだ



丹精込めて作った畑を



ぐちゃぐちゃに荒らされるような



見守ってきた桜の樹を



無下に切り倒されるような



だから必死に抵抗して



へとへとに疲れてしまって



なんのために抗(あらが)うのか



わけもわからなくなってしまい



あぁもうどうにでもなってしまえ



わたしなんていなくなってしまえ




受け入れた方が本当はいい



それは心が易くなるから



抵抗しなくても良くなるから



余計な力が要らなくなるから



そのために川を通す



受け入れ受け流す川を



時に渦巻く濁流となり



時に淵削る激流となり



それでも荒らされることなく



決まった場所を通りゆく




やがて畑を潤すものとなり



桜の樹に風情を与えるだろう



心に川を通すこと



受け入れ受け流す川を








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入