入り込む水

入り込む水







船底に穴があき



水がどんどん入り込む



舟は目線を下げ



甲板が水面になる



そんな状態でどうして



前へ進めるだろうか



ざぶりと大きな手が



船体ごと鷲掴み



がぼがぼ中の水を



出しきってしまってから



再び波の上へと



置かれることでしか



だめなんじゃないかって



羽休めのカモメなんかに



聞いたって素知らぬ顔









 

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入