吹かれる砂

吹かれる砂







きみがいじけているのは



誰も聞いてくれないからだろう?



叶いそうもない夢や



叶いそうもない恋を



きみが悔しがっているのは



うまく伝えられないからだろう?



叶うかもしれない夢や



叶うかもしれない恋を




手から砂がこぼれ落ちる



海に向かって吹かれてる



沈みゆく太陽よ



カモメをどこへ連れてゆく



その背中へ乗れたなら



見えるあしたは眩しいか








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入