節目の朝

節目の朝







ある朝



ドアを開け



ワープして



秋になる




冷たい風



頬に触れて



空の青は



ぐっと近い




逃げるように



すり抜けて



そんなつもりで



ふふと笑う




魚屋のにおい



開店準備中



季節の節目を



またぎゆく








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入