ローカル線と秋空

ローカル線と秋空







線路の脇を歩いてく



ここは素敵な田舎町



黄色い花は女郎花(おみなえし)か



ぱちんぱちんと跳ぶ飛蝗(ばった)



線路は田んぼを突っ切って



青い秋空へと向かう



ぼくはこれからどこへ行こう



小さな踏切が敬礼している









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入