さよなら涙

さよなら涙








涙の海が砂浜を



一面静かに濡らすとき



裸足の風が軽やかに



空と空を跳ねてゆく



輪っかがひとつまたひとつ



平たく広がり連なって



ぼくを置いてきぼりにする



ぼくを置いてきぼりにする









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入