続く灯

続く灯








トンネルの中を歩いている



レールの間を歩いている



規則正しく灯(ひ)が続く



所々切れかかっている



先の方は闇に溶ける



空気はひんやり湿っている




列車がきたらどうする




恐怖心が幻聴を呼ぶ



猜疑心が幻覚を生む



聴こえるのは自分の足音



瞬くのはきれかかる灯



後戻りはもはやできない



ゆけゆけゆけよゆけ!









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入