狂った方角

狂った方角







萎(しな)びた浮輪を



その首にはめて



クリーニングの袋を



その足にくくり



破れた背広を



その羽根にかけて



焦げ臭い電話を



くちばしでくわえ



狂った渡り鳥は



あらぬ方角へと



よろめきふらめき



飛び立とうとして



ぶつかり転がり



啼き喚いている









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入