傷だらけの妖精

傷だらけの妖精







スポットライトを浴びて



傷だらけの妖精は舞う



氷上に刻まれるのは



そのまま妖精の傷となる



けれどもその顔からは



微笑が消えはしない



たくさんの人の幸せを



一身に背負いながら



白い翼がある限り



彼女は舞い続ける



傷だらけの妖精よ



あなたは愛されている










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入