肩に残る日々

肩に残る日々







みんなで肩組み



歩いていたはずが



あいつがいなくなり



あいつもいなくなり



気がつけばもはや



ひとりきりになっていた



肩にはいまもなお



あいつの手の感触



誰ひとりとして



教えてくれなかった



いつかはひとりで



ゆくのだということ



今では記憶だけで



あいつは笑っている










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入