足でもがけば

足でもがけば






すごく一所懸命


走っているつもりなのに


なんだかふわふわとして


不思議な感覚になる


はたと足元を見ると


なんだ足は宙にあり


そりゃあいくら走っても


ふわふわしているはずだ


汗は噴き出して


だんだん疲れも出て


それなのに一歩すら


前に進んではいない


あっははは何だい


走らなくてもいいのか


ダメなときはダメ


休むときは休め










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入