夏バテ

夏バテ






息があがる


もうバテバテ


重いアタマ


夏バテバテ


ずるりずるり


沼の中へ


滑り落ちて


ゆく感覚


こんなときに


きみがいたら


羽根が生えて


飛べるのにな


蜃気楼は


霞か雲か


きみははるか


遠い場所









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入