プラスチックの夏

プラスチックの夏






じっと見ている


あの子はだあれ?


どこかで見たよな


おめめをしている


あの夏の日の


河原に座り


水の流れを


じっと見ていた


あの子はもしや


ぼくじゃないのか


水を見ていた


ぼくじゃないのか


気づいた時には


あの子の視線は


プラスチックに


注がれていた









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入