赤い花びら

赤い花びら






一枚また一枚


時代が剥がれてゆく


すべてが剥がれたとき


何が残るだろうか


足元にはずいぶんと


古びた剥がれたものが


ばらばらと落ちていて


バラの花びらのようだ


みんな散っていった


誰ひとり残らずに


あなたもぼくもいつか


バラの花びらになろう











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入