散りゆく

散りゆく






背中まである黒髪が


夜の風になびくとき


淡いピンクの花びらが


春のあなたに降り注ぐ


散りゆく時間は儚くて


目が覚めれば夢の中


まるでいつか見たような


同じ景色を繰り返す


わたしはあなたをどうやって


守っていけばいいのだろう


地面に踊る花びらが


なにかを伝えたがっている










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入