木の葉になって

木の葉になって






あなたにとってぼくは


木の葉のようなもの


見ようと思わなければ


気に留まるものではない


春は初(うぶ)な色になり


夏は強く逞しく


秋は華麗に散ってゆき


冬は土を温める


それでいいのか問われても


ぼくはぼくでしかいられない


あなたが気に留めたとき


ぼくは木の葉でそこにいる












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入