雨ガッパの穴

雨ガッパの穴






どしゃ降りの雨の中


赤い棒を振り回し


時に声をはり上げて


社会秩序を整理する


老いた体にこの雨は


骨のすき間にしみる様


ほんのわずかの休憩で


温(あつ)いコーヒー流し込む


一体どこにあいたのか


カッパの中にしとしとと


冷たい雨が流れては


衣服の生地を湿らせる


この雨ガッパを脱げるのは


いつになるかを思うとき


今すぐ脱いでも世の中は


何も変わらず動くのだ













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入