出せない手

出せない手






わたしが財宝を手にしたら


みんなに分けることができようか


むんずと掴んだ財宝を


貧しい者へと分けることが


きっと最初はできないな


掴んだこの手を隠すだろう


みんな眉間に皺を寄せ


いぶかしげに顔を向ける


その手に持っているものは


我らを笑顔にするものか?


ただただ欲するその顔を


まともに見るのもできないな


少しずつほんの少しずつ


財宝を落としていこうかね











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入