空へ

空へ






高く聳(そび)えるビルが


日ごとに小さくなる


ビルに命があるなら


まさに消えようとしている


亡骸はいったいどこへ


運ばれていくのだろう


今まで見えなかった景色が


少しずつ見え始めている


命が消えるというのは


景色が変わるということか


いったいこれまでどれだけの


景色が変わってきただろう


そしてまた新しいビルが


空へ向かうのかもしれない


ぼくたちは景色の命の


誕生に立ち会うのだろう













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入