縛られた手足

縛られた手足






泳ごうとしているのに


手足は動いてくれない


ただただ幸いなのは


浮かんでくれていること


空をさえ見ていれば


呼吸くらいはできている


このまま流れに漂って


体はどこへ運ばれる


この手足さえ動いたら


どうにかなるものだろうか


たとえば南の楽園の


小島にでも行けるかな












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入