知らぬ仏

知らぬ仏






寝ている枕元を


サソリが通っていった


僕は知らなかった




歩いていた山道の


地盤が脆弱だった


僕は知らなかった




きれいな夕陽の海に


放射能が混じっていた


僕は知らなかった




遊んでいた塊は


昔の不発弾だった


僕は知らなかった




知らぬ仏は


本当にいるのだ











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入