無性に

無性に






我が心の奥で


下へ下へ下へと


掘り進めたなら


どこまで行くだろうか


自分の背丈ほどして


底にぶち当たるのか


掘っても掘ってもまだ


終わりが見えないか


いや何のことはなくて


触れてみたいだけなのだ


悲しみや暗い気持ち


鬱々とした惨めさ


時々それらに触れて


明るさを確かめたいのだ


我が心の奥の


ずっとずっと底の方で












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入