強風の中へ

強風の中へ






強風が吹きつける


目もあけられぬほど


だからといって怯(ひる)むのか


それでもゆこうとしないのか


まわりには誰もいない


みんなどこかで休んでる


だからこそいまひとり


強風の中をゆけ


いま苦しいかもしれない


不安が募るかもしれない


寂しさが襲うかもしれない


それでも怯んではいけない


それでもゆかねばならない


なぜならこの強風は


きみが起こした風だから










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入