ペルセウス

ペルセウス






手が触れあっただけで


分かり合っていた僕ら


夜空の星たちはいつも


重なり合って光ってたね


流星群が連れ去った


あの頃の僕らのすべて


悲しい歌のメロディー


うれし涙の約束


もう戻ってはこないのか


ペルセウスたちの思い出











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入