空と風を越えて

空と風を越えて






どんなに絶望的でも


かならず越える日がある


顔を上げてみるがいい


背筋を伸ばしてみるがいい


行き止まりの上にも


空はずっと続いている


空さえ見えないとしても


風は世界を巡っている


目の前の困難だけに


心奪われてはいけない


遠くへ思いを馳せよ


空や風を感じよ


そしてまだ見ぬ新しい


自分という希望を見よ











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入