悪夢

悪夢






いい車に乗せられて


うとうとと夢心地


目を醒まして見渡せば


地獄の中にひとりきり


動かなくなったいい車


直す手立てもままならず


喜び乗り込んだときの


ドアーの音がこだまする


行く先すべて任せれば


不平なども言えやしない


槍をもった番人が


炎を踏んで迫りくる


このまま何もせぬままに


彼に引きずられてゆくか


手をつくして悪夢から


解かれる悪あがきをするか











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入