指先の上

指先の上






冬を越した蚊を


ぱちんと叩き潰す


弱々しい飛翔は


あっけなく黒くなる




ぼくという個体も


天にとっては容易(たやす)い


ほんの指先だけで


ひねり潰すだろう




あぁだとしたらならば


まだ在(い)ろということだ


あがこうがどうしよが


まだ在(い)ろということだ











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入