天のてのひら

天のてのひら






死なない程度に


のどを絞められ


失神手前で


解放される


天はいったい


何を試すか


そのままぐったり


倒れたままか


眼をかっぴらいて


立ち上がるのか


どうせあんたの


てのひらの上


立ち上がるしか


ないんでしょうね











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入