底に触れても

底に触れても






水槽から水が


ポタポタ濡れている


熱帯魚のボクは


オロオロ泳いでいる


水がなくなれば


ボクは生きられない


もうじき背ビレが


空気にさらされる


何を今さらと


バタバタしたくない


どうあがこうとも


熱帯魚は熱帯魚


まだ必要ならば


天からの水が降ろう










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入