おたから

おたから






だあれも気づかない


見向きもしない


道端のおたから


埋もれたおたから


それはほんの小さい


可憐な花だったり


磨けば輝くだろう


美しい小石だったり


そんなもの見つけて


どうするのかって?


そんなことを聞いて


どうするんだい?


初(はつ)日の出を見て


どうするのかって


そんなことを聞いて


どうもならないように









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入