流れる汗

流れる汗






赤い数字が踊る


短い棒が並ぶ


まるで自転車型の


機械にまたがって


こいでもこいでも


進まないように


加えた力は


どこかへ消える


赤い数字も


赤い棒も


砂漠の上では


役に立たない


さてとそろそろ


降りたらどうだ


充分に汗を


かいたはずだろう









詩集『ふじちょう』をamazonで購入