小筆

小筆






単純に扱えば


素知らぬ顔で


強引がすぎれば


睨むような目つき


ほどよく優しく


ときにはぐいっと


まったく加減が


難しいもので


どうも誰かに


似ているなあと


じわりと汗を


出してみたりする










詩集『ふじちょう』をamazonで購入