石の上にゼロ年

石の上にゼロ年






大きな石の上に


バッタが一匹いた


ぼくはその石に


のったことはない




次の日は石の上に


カエルが一匹いた


ぼくはその石に


のったことはない




いとも簡単に


のれるはずだけど


ぼくはその石に


のったことはない




世の中の大概は


その石のように


のろうと思うなら


のれるはずなんだ










詩集『ふじちょう』をamazonで購入