ありきたり

ありきたり






ぽっかりと胸に


穴があいちまった


風化し始めたコンクリート


廃屋の風呂場のタイル


そんなものたちと同じく


何もかもが空虚だ




せめてありきたりな夢を


はめ込んでみたらどうだ


春風の中を自転車で


思い切り走り抜けたりさ


花咲く草原の中を


楽しそうにスキップとかさ









詩集『ふじちょう』をamazonで購入