汗の勲章

汗の勲章






広いグラウンド


薄暗い夕方


泥だらけのユニフォーム


半分埋もれたホームベース


金網にぶつけられた


砂のついたボール


何度も何度も


ボロボロになるまで


土にまみれた


落ちる汗の勲章




走った分だけ


きみは強くなる


自分に勝てるのは


自分しかいない









詩集『ふじちょう』をamazonで購入