嬉しい料理

嬉しい料理






丹精こめて


料理をつくった


手をつけたのは


誰もいなかった


なぜ食べないかと


怒りをぶつけた


白々として


人々は言った


腹がいっぱいで


もう食べたくない


デザートだったら


嬉しかったのに


冷めた料理に


視線が注がれた







詩集『ふじちょう』をamazonで購入