空虚の椅子

空虚の椅子






ぼくは椅子に座り


物思いに耽っている


やがて時が過ぎて


椅子から離れるだろう


離れてからも椅子は


変わらずにそこにある


人々は椅子の周りで


行き交い談笑をする


別の誰かがこの椅子へ


深く座ることもあろう


ぼくの存在はどこに


いってしまうのだろうか


日常はつねに空虚で


定まらないのかもしれない


ぼくはぼくの存在を


もう一度確かめた







2015.3.1

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入